FC2ブログ

昭和歌謡スナック~夕子

昭和時代の音楽を懐かしく楽しむブログです

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのこころに呼ばれる♪~雨のTimeTravelers

こんばんは~
スナック夕子のママ、夕子です

今夜も遊びに来てくれてありがとう



前回、6/6の記事で“時をかけた”夕子ですが
去年の6月もなんと時間を超えていたのでした

2012/6/の記事→そしてだんだん恋になる♪~「あじさいのうた」原由子

すぐそこに 時間を超えて I love you

去年の今頃、この歌をずっと聴いていたからか、なんなのか

「時をかける少女」も、べつに6月ってワードはないのですが(映画公開は夏休み)
なんとなく、今聴きたい感じでした。


とくにSFが好きなわけではないんですが、時空を超える的なものは、あるなーと思います。
想いは時空を超える、ということが。



「永遠の少年」Qlair
作詞:只野菜摘 作曲:片寄明人 編曲:佐藤佳幸
2005年11月発売

好き 時空を超えてゆく
その こころに呼ばれる



若いときは、永遠といえば未来のことで
年が過ぎてからは、永遠といえば過去のことだったり

どちらにしても、変わらない想い、確かな存在、みたいなものを信じられるとき
その信じる強いこころは、同じ強いこころを呼ぶのだと思う。

それは、よくあることで言えば
その人のことを考えているときに、電話やメールがあるとか
会いたい人に会えるとか



「Time Travelers」麗美
作詞作曲:松任谷由実 編曲:松任谷正隆
1985年5月発売

光を追い越して 3秒過去の この場所に着きたいの


そんな思い過ごしのような、ロマンチックなことじゃなくても

いつも、この眼に映っているものは少し過去のもので
今を見ているようで、そうじゃない。

「今見えている星は実は何年も前の星で、今その星は存在しないかもしれない」
って、子どものときすごく不思議でした。いえ今でも

眼も耳も、からだも脳も、時間と空間から、少しずつずれている。

そのずれた時空を、強いこころは、飛び越えられるのだと思う。


これ以上書くと、へんな人と思われますね・・・



雨の日に歩いていて、この雨はどこから来たのかな?と思いました。
いつどこから来た雨粒なのか?

雨粒の中には、時空を超えた物質がつまっている

だから、6月は時をかける月間なんだと思いました



「テンダー・レイン」高井麻巳子
作詞:森本抄夜子 作曲:山口美央子 編曲:チト河内
1987年12月発売

過去と未来へ ふたり導く
踊る 雨の音符(メロディー)





スナック夕子より
本日のおすすめドリンク <カルピスソーダ>




関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

今日もまた

ママっぽいご講話にすっかり耳を傾けてしまいました。
永遠とは過去か未来か、、。
う~ん、深い。

>ぶりさん

いつもありがとうございます!
永遠とは過去か未来か、、はたまた今か、、、♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

タコママ

Author:タコママ
架空のお店『スナック夕子』の
ママ夕子です。
タコじゃないよ。
でもタコママって呼んでね。
お店の看板画像は
花小金井正幸さんに描いていただきました♪

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

リンク

twitter

アクセス

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。