FC2ブログ

昭和歌謡スナック~夕子

昭和時代の音楽を懐かしく楽しむブログです

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私を薔薇にして♪~「ROSE COLOR」中山美穂

前に太宰治の小説「女生徒」のことを少し書いたことがあるんだけど
咲いた恋は紅いオルゴオル♪~「月野原」斉藤由貴

きのう縫い上げた新しい下着を着る。
胸のところに、小さい白い薔薇の花を刺繍して置いた。
上衣を着ちゃうと、この刺繍見えなくなる。
誰にもわからない。得意である。
〜太宰治「女生徒」

この一説が大好き、と書いた。
そして最近、「女生徒」の原案となった、有明淑(ありあけしず)という実在女性の日記があり
淑が下着に刺繍したのは、じつは白い薔薇の花ではなく苺の花だった
ということを知って、とても驚きました。

それを太宰は薔薇に、しかも最初は“赤い薔薇”にして書いたのだそうだ。
しかし夫人に、下着には白い刺繍のほうがよいと思うと言われ、白い薔薇にしたのだそうだ。
(出典:北村薫「太宰治の辞書~女生徒~」より)

けさから五月、そう思うと、なんだか少し浮き浮きして来た。やっぱり嬉しい。
もう夏も近いと思う。庭に出ると苺の花が目にとまる。


という一説、これは原案の淑の日記のとおりなのかな?
だとしたら、身近な苺の花を刺繍したのかしら。

苺の花だったんだ、、、女生徒だものな。
なんで太宰は、こんな女子の何気ない日常が書けるんだろうと思っていたから
原案の日記があったと知ったときは驚いたけど
薔薇のチョイスはやっぱり男目線だろう。
でもそんな男目線な部分に惹かれていたというのが、やられたと思う。
そして原案にはない、下着の薔薇が出てくる箇所があと2つあって、それもとても良いんだ。

こちらで読めます→青空文庫「女生徒」太宰治

ほかにもいろんな花が出てくる。
紫のすみれ、真紅のカーネーション、薔薇の花四つ(黄色、白が二つ、ピンク)、百合の花。
豆の葉、青々した麦、茱萸、珊瑚樹、新緑深緑青草原、、

淑の日記は1938年(昭和13年)4月30日から8月8日まであり
それを太宰は5月1日の女生徒の一日として、凝縮し肉付けしアレンジして中篇小説にした。
私ことですが4月30日はマイバースデーなので、実はこの日から始まっていたというのが嬉しかった。
(日記は伊東屋の大判ノートブックに書かれた。8月8日にノートが終わったところで太宰へ送った。)




「ROSE COLOR」中山美穂
作詞:康珍化 作曲:CINDY 編曲:鳥山雄司
1989年2月発売

この曲はCMソングだったので、サビを憶えている人は多いと思うけど
ぜひ2番の最後の最後まで聴いてほしいと思う。

最初静かにゆっくり始まった曲が
どんどん高まって、終わりに向けて、花がぱあっと開いていくようなアレンジ。
とくに後半3:00~のサビの繰り返し、これでもかと新しい花が次々と開いていく。
高まりが一度だけでなく何度もやってくる。

私を薔薇にして あなたの掌で

これはもうミポリンしか歌えないでしょ~美人でないと。
この頃のミポリンは本当に綺麗。19歳。

デビュー時の生意気で派手!なミポリンより
20代の世界中の誰より熱いミポリンより
この中期の、19歳の、花が開く前のふくよかさ、開く瞬間の瑞々しさ、開いたあとの華やかさ
ゆらぎの中にいるミポリンと、ミディアムな曲が続いた時季が、いちばん好き。

有明淑が日記を書いたのは、19歳の春から夏にかけてだった。
太宰治は苺の花から薔薇の花に変えた。

ひとりのノンフィクションから、違う誰かのフィクションへと開かれたとき
物語はさらに魅力的に花開くのかもしれませんね。


スナック夕子より
本日のおすすめフード <ロッテアーモンドボールチョコレート>



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

タコママ

Author:タコママ
架空のお店『スナック夕子』の
ママ夕子です。
タコじゃないよ。
でもタコママって呼んでね。
お店の看板画像は
花小金井正幸さんに描いていただきました♪

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

リンク

twitter

アクセス

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。