FC2ブログ

昭和歌謡スナック~夕子

昭和時代の音楽を懐かしく楽しむブログです

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5時間目の英語は嫌い♪~「デイドリーム・ビリーバー」少女隊

中学生の息子がビリー・ジョエルの「Honesty」を歌っていたので
何で知ってるのか聞いたら、英語の授業で歌ったとのこと。
今でも英語の授業で歌を歌うのですね。
私のときはビートルズを歌いました。
中学1年生の初めての英語の授業はとても新鮮で、先生もほかの先生よりほんのり新鮮に見えた気がする。
20代の男の先生だったけど、熱血でもなく真面目でもなくスマートな感じの先生でした。
その先生が好きっていう女子もたくさんいた。
手作りのテキストのタイトルが「Let It Be」で~ぼちぼちいこか~って書いてあって
へえ~そういう意味なんやと思った。「Let It Be」は映画悪霊島のCMで知ってました。
授業では「Yesterday」を歌いました。
1年の最後の授業で先生がビートルズの歌を歌ってくれることになって
何にしようかなみたいになって、ひとりの男子が「Hey Jude歌って!」と言った。
知らない曲だった。
男子・・・そんなこと知ってるんや・・・
小学校時代、クラスの男子たちはうるさくて落ち着きがなくて幼くてまったく興味が持てず
卒業サイン帳の“好きな人”の欄に“三浦友和、中村雅俊”と書いた私だったが
このとき初めて男子を(まあその子だけだけど)意識したような。
私の知らないことを知ってるんや・・・
そしてリクエストに答えた先生が「Hey Jude」を歌ってくれたシーンが
今思えばとっても素敵なシーンだった。
先生は、恥ずかしいから後ろで歌うと言って、教室の後ろで歌った。
みんなは前を向いたままで。
初めて「Hey Jude」を聴いた。「Yesterday」よりいい歌だなと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中2・3の英語の先生はダンディな感じの男の先生で、
授業でまたビートルズを(これは指導要綱に含まれているのか?)歌ったけど
「And I Love Her」だった。
もちろん知らなかった。知らなすぎた。どうなのですかこの選曲は?
生徒を指名するとき「ミス、ユウコ」とか「ミスター、○○」とか下の名前で呼ばれていて
私の名前は「ユウコ」と「ヒロコ」に読めるのだけど
先生が「ミス、ヒロコ」と言ったとき、前述の「Hey Jude」をリクエストした男子が(中3でまた同じクラスだった)
「ヒロコじゃなくてユウコやで」とか言ったのだけど、クラスにはヒロコもいて先生はそっちを指していた。
ちょっと恥ずかしくてちょっと嬉しかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高校の英語の先生は「真面目です」と顔に書いたような、眼鏡で痩せた男の先生で
教科書通りのことしか話さなくて、カクカクしたカタカナ英語みたいな発音で、つまらない授業だった。
高3の終わり頃、その先生が突然ユーミンの発売されたばかりのアルバムタイトル
「Delight Slight Light KISS」を黒板に書いた。
Delight....喜び、Slight...軽い、Light...明るい、などとそれぞれの意味を書き
「DelightでSlightでLightなKISSということですね。」みたいなことを言った。
(これで“舌を入れないキス”という意味なのだそうだが、そこまではたぶん言わなかった。)
今までまったく教科書以外の話をしなかった先生が突然言ったので、妙な雰囲気になった。
ざわざわ、え、なんなの、えー。。。くすくす。
だいたいユーミンのアルバムタイトルを知らない人だって多かった。
思い返せば先生もまだ20代後半か30そこそこだったのかもしれない。
ユーミンが好きだったのかな。
高3だしそういう話題もできると思ったのだろうが、高3は先生が思うよりずっとお子さまだったのです。
でもね先生、「Delight Slight Light KISS」を聴くと、今でもこのときの黒板を思い出すよ。



「リフレインが叫んでる」松任谷由実
作詞作曲:松任谷由実 編曲:松任谷正隆
アルバム「Delight Slight Light KISS」より
1988年11月発売



「Hey Jude」The Beatles
作詞作曲:Lennon-McCartney
1968年9月発売



「デイドリーム・ビリーバー~5時間目の英語は嫌い~」少女隊
日本語詞:高柳恋 作曲:John Stewart 編曲:小林信吾
アルバム「SUPER VARIO」より
1986年12月発売



スナック夕子より
本日のおすすめドリンク
 <タカラすりおろしりんご><シュウェップス>







関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

ママの前では

おれたちはいつまでも幼い同級生。
恥ずかしくてお店に行けない、、

>ふ゛り さん

大丈夫です、男子を育ててみて、もう男子嫌いはなくなりました!
幼いなぁとは思いますけどねw

あぁ、ビートルズ…♡

夕子ママ、お久しぶりです。
ビートルズを英語の授業で唄った世代って、羨ましい~♪
私の時(学校?)では唄わなかったんですが、個人的に大好きでした、ビートルズ。
今でも好きで、今年のポールのライブも2回行きました~☆
当時、ビートルズファンが周りにいなかったのと、世代的に若くて「何を知ってるの??」って思われるんじゃないかと(勝手に思い込み)隠れファンでした。
今では世界的に、ロックなんだけど歌謡曲であり民謡でもあり・・という感じなのかも??とも思ったりして。
夕子ママが初めて男子を意識した時にビートルズが…って事で、嬉しくて長々と失礼しました。

>くりあんさん

くりあんさんお久しぶりです!
ビートルズ歌いませんでしたか~?うちの学校がたまたまだったのかなぁ。
すごい、ポールのライブ2回行ったんですね!10万円とか話題だったやつよね?行けてよかったですね~。
たしかになかなか「ビートルズが好き」って聴きこんでる女子はあまりいなかったですね。私もベスト盤をダビングしたカセットは聴いてたんだけど、それくらいだったな。「ヘルプ」ばっかり聴いてた(^▽^;)
でも知らないだけで、くりあんさんのような隠れファンが私の周りにもいたのかもしれないな。
世界的にロックな歌謡曲で民謡!ほんとそんな感じですよね。
そういうずっと残っていく良いものに触れられて幸せですよね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

タコママ

Author:タコママ
架空のお店『スナック夕子』の
ママ夕子です。
タコじゃないよ。
でもタコママって呼んでね。
お店の看板画像は
花小金井正幸さんに描いていただきました♪

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

リンク

twitter

アクセス

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。