FC2ブログ

昭和歌謡スナック~夕子

昭和時代の音楽を懐かしく楽しむブログです

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなこよみをありがとう♪~「残暑」麗美

こんばんは~
スナック夕子のママ、夕子です

今夜も遊びに来てくれてありがとう


残暑、晩夏、レイトサマー、夏の終わり、、、
聴きたい曲はたくさんあるのに、夏の終わりはいつもささっと行ってしまう。
今年も相変わらずのONE-SIDE SUMMERでした



「残暑」麗美
作詞作曲:松任谷由実 編曲:松任谷正隆
1984年9月発売

ユーミンの秘蔵っ子と言われて、1984年松任谷夫妻プロデュースでデビューした麗美ちゃん。
2枚目のシングル「青春のリグレット」と3枚目の「残暑」は、ユーミンもセルフカバーしていて
ユーミン自身のアルバムの中でも名曲と呼ばれています。

あなたの声に 去年の恋に
立ち止まって涙ぐんで 季節を知るの
そんなこよみをありがとうと いつしか伝えたい


同じ季節がやってきて、ふと思い出したり
ふと思い出したときに、ああ同じ季節だったなと思ったり。
出来事と季節は知らない間に結びつき、自分だけのこよみがつくられて行きますね。

“透きとおった心からの葉書が出せる気がする”という歌詞があるのですが
そういえば大江千里くんの「渚のONE-SIDE SUMMER」にも
“そのうち葉書を出す”という歌詞があります。
今は少なくなったけど、昭和時代は熱心に暑中・残暑お見舞いの葉書を書いたり
旅先やおばあちゃんちから絵葉書を送ったりしたものでした。
夏=葉書というシチュエーションがノスタルジックでせつない。


麗美ちゃんについて。
高校2年のとき、友達がアルバム「REIMY」をカセットテープに入れてくれて
私は斉藤由貴ちゃんのアルバム「チャイム」をダビングして交換こした。




私と友達は“麗美ちゃん”って言ってたけど
英語が堪能でラジオDJ(でぃすくじょっき~)でかっこよく英語を披露していた麗美は
レイミー“REIMY”って呼ばれてましたね。
ユーミンは自分のこともユーミン“YUMING”と言っているし
昔ラジオでデビューしたばかりの小野リサさんに
「名前かっこいい~~“LISSA”って表記してほしい」と言っていたので
外国語っぽく呼んだり表記するのが好きなのかもしれません。

ファーストアルバム「REIMY」は
デビュー曲でのちに西村知美もカバーしたザ・ユーミン歌謡「愛にDESPERATE」
ユーミンがセルフカバーだけでなくアルバムタイトルまでにした「ノーサイド」
ハイファイセットもユーミンも歌った大人名曲「霧雨で見えない」が入っているドラマチックなA面
(1984年なのでA面とB面に分けて聴いたほうがより良い)もいいんですが

実はユーミン作じゃない「哀しみのバスジャーニー」から始まり
またユーミン作じゃない「君の友達でいたいから」で終わるB面が
それはそれは、、、大切な秘蔵っ子のB-SIDEであり、真の名曲はB面にあるというあるある
ユーミンのセルフカバーにされなかったほんとの麗美ちゃんのための曲たち
田口俊先生に託された歌詞たちが素晴らしい。

アルバム「REIMY」のB面(編曲すべて松任谷正隆)
哀しみのバスジャーニー/作詞:田口俊、作曲:桐ヶ谷仁
どんなふうに/作詞:田口俊、作曲:松任谷由実
時のめぐりあい/作詞:田口俊、作曲:松任谷由実
何もいらないから/ 作詞:松任谷由実、作曲:松任谷由実
君の友達でいたいから/作詞:田口俊、作曲:REIMY

上記youtube動画の2曲目に「何もいらないから」が入っています。
私は高校生のとき「どんなふうに」が大好きで、心のベストテン入りしています。
ダビングしてくれた友達は「君の友達でいたいから」が好きでした。

麗美ちゃんの声は可愛いんだけどクールで、私は長崎のびいどろが思い浮かぶ。
中学の修学旅行で買った、長崎のびいどろ。
ガラスが薄くてこわれそうなんだけど、風鈴より安定感があっていつも部屋にちょこんとあった。
まるっこくて可愛らしくてエキゾチックでなつかしくて
ぷーっと吹くと「ぺっこん」ってへんな音がするところ、麗美ちゃんもほっぺがぷーっとしてて声がちょっとへんで。
ときどき気が向いたら、部屋でひとりでぺっこんと吹く。
麗美ちゃんのアルバムもそんな感じで、ぺっこんと聴く。


reimy.jpg

交換こしたときのお手紙。
麗美ちゃんのテープ、本当にありがとう。



スナック夕子より
本日のおすすめフード <カルビーエスニカン>








関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

麗美ちゃんですかぁ~
高校の頃はなんとなく存在は知っていたのですが、
とくに聴いてみようとは思っていなかったのです。
でも、90年頃テレビ埼玉のサウンドスーパーシティという番組で
麗美さんのDear Tessが流れた時に電気が走ったんです。
それから、聴くようになりましたね。
自身のブログにも書いたことがありますが、
このDear Tessが入っている「走るそよ風たちへ」は
かなり大好きなアルバムです。

追記

REIMYの動画って、工場マニアにはたまらないですね。。。

>ぢえかすさん

そうなんですね!
私はユーミン時代しか聴いてなかったんですが
youtubeで見るとその後はさらにクールさが際立ってこれが麗美ちゃんか!と驚きました。
ユーミン時代は中高生男子って聴いてなかったと思いますね〜少女性が強すぎるっていうか。大学生とかは聴いてたのかな。
PVの工場シーンはすごいですよね(^∀^)
ほんとマニアも満足と思います♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

タコママ

Author:タコママ
架空のお店『スナック夕子』の
ママ夕子です。
タコじゃないよ。
でもタコママって呼んでね。
お店の看板画像は
花小金井正幸さんに描いていただきました♪

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

リンク

twitter

アクセス

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。