FC2ブログ

昭和歌謡スナック~夕子

昭和時代の音楽を懐かしく楽しむブログです

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素直じゃないのはお互いさまだね♪〜「不自然な君が好き」C-C-B

こんばんは~
スナック夕子のママ、夕子です

今夜も遊びに来てくれてありがとう


昨今の松本隆ブームにより私が聞き返したのは、はっぴいえんどでも聖子ちゃんでもなくC-C-Bでした。
とは言え当時ファンだったほどでもなく、アイドルバンドだと思っていたしアルバムも聴いてないので
ネットで聴けるシングル曲だけなのですが。
でもどの曲もよく憶えていて、特別ファンってわけじゃなくてもいい曲とか好きな曲があった時代だったのかなとか
若い子は今でもそうかなとか思ったり。
あらためて聴くとカッコイイし、中でも「原色したいね」がイチバン!とか思ったりしたところだった。

高校3年の夏休みに、C-C-Bがゲストのイベントライブに行ったことがありました。
そのときの日記を開いてみたら、1988年の7月21日だったので
これは今書かなくていつ書く!と思い、大急ぎで書いています。笑

そのときの日記より原文ママ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1988年7月21日木曜日
今日はNくんと出掛けた。
すごく暑くて暑くて汗ダラダラではずかしかった。すごーくはずかしかった。
それに今日はノースリーブのシャツに黒のミニタイトで行ったので、ちょっとドキドキやった。
タイトスカートはくのはじめてやし、短いし、大人っぽいし、はずかしかった。
すごい変わったって言われた。Nくんは変わってなかった。黒のPapasのポロシャツにジーンズでした。
変わってなくて、相変わらずやさしかった。
6月の終わりにお別れしてから1ヶ月。
でも友達として電話くらいはしよってことになって、今度もいいのかなぁって.
でもデートとも言わないわ遊びに行くだけやもん、友だちとして、と思って。
ゲームセンターでF1レースのゲームをやって、競争して楽しかった。
いっぱいしゃべって本当に楽しかった。
ソニータワーでテレビ見たり、リボン買ったり、とても楽しかった。
そしてライブは厚生年金会館やってんけど、そこでも初めは楽しかったの。
でもC-C-Bが出てきてまわりの女子たちが一気に盛り上がって、ついていけなくて、2人でだまっちゃった。
だまってたら、いきなり、いきなり、キスしようとしてきた。
もうすごいびっくりして、人もいるのにすごいイヤでおもいっきりはねかえしてしまった。
だってだってあんな所で。ひどいよ。
だって別れたのに。友だちって言ったのに。なんでキスなんてするの?すごくいややった。
それからNくんちっともしゃべらんくなって、怒ってるみたいやった。
帰り道で「さっきから怒ってるやろう」って言ったら「怒っていいんか悪いんかわからんからだまってる」って言った。
怒るのはこっちの方やのに。でも「ごめん」て言おうかと思ったけど言えなかった。
Nくんにあやまってほしかった。
だけど私がさむいと言ったとき、ずっと腕をひっつけてくれた。泣きたかった。
Nくんの優しさにこたえるだけの思いやりや愛情が私にはない。
Nくんの手をにぎり返したかったけど、しなかった。
だってそんなことしたら受け入れたことになってしまう。別れたのに。
だから今日はあんましわがまま言わなかった。(つもり)
靴が痛くて歩くのしんどかったけど、がんばって歩いた。歩く早さも合わせた。
あんまり優しくしないでください。私は胸が痛い。痛い。痛い。
嫌いじゃないけど、どうしたらいいねんやろう。
ときめきはないこともない。好きってことなのかな。
でもそしたらあの別れのTELの意味がない。いっぱい考えて落ち込んで、別れるって決めた意味がない。
どうしたらいいの。私は意思が弱くて優柔不断でどうしようもない。
友だちになれると思ったのに。Nくんに悪い。
優しくしてくれなくていいです。
どうしたらいいの。どうしたらいいの。胸が痛い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この日C-C-Bが何を歌ったのかどういうライブだったのか、まったく憶えていないし日記にも書かれてなかった。
でもC-C-Bを聴くたびにこのときのことを思い出す。

今思えば、高校生カップルのそれも純情すぎるカップルの幼いくらいの出来事。



「不自然な君が好き」C-C-B
作詞:松本隆 作曲:関口誠人 編曲:大谷和夫、C-C-B
1986年8月発売


この曲をあらためて聴いたとき、ああ、まるでこの日の2人じゃないか!と思った。
(もう大昔過ぎて、自分のことではなくかわいいカップルで脳内変換されています。笑)

〜ぎこちない靴でついてくるキミ〜って、、、、、
松本隆先生は私たちのことを見たのだろうか?
いやいやこの曲のほうが先だし!
この日この曲を歌って、歌詞が頭に残ってこういう日記になったのだろうか?
わからない。なにもわからないけど。

でも私はこの夏休み、サガンの「悲しみよこんにちは」を読んでいた。

個人的なことこそ普遍的なのだと思う、って山崎まどかさんが言ってた。
私の超超個人的な出来事は、どこにでもいつのときもある普遍的なもので、歌に重ね合わせることだってできる。
そして重ね合わせることによって、さらに濃く深く個人的な思い出になっていく。


サガンの小説の少女のように
気難しい顔が素敵だね
スケッチ・ブックにイラストとポエム
のぞいたらおこるのさ
本音はぼくを 好きなくせに

素直じゃないのは お互いさまだね
軽そうに見えて真剣なぼく

マシュマロのような くちびるにそっと
不自然なキスが出来たらいいのに





スナック夕子より
本日のおすすめフード <かるかったウエハー><ヨープレイト>






関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

あぁ…素敵❤

あぁ、青春…! 切ない!!
いい想い出ですねぇ…(´_ゝ`)

私も中学3年から高校2年くらいまで日記を書いていて、実家の押入れに入れたままにしているので気になってますが、読む勇気がないまま破棄かも…です。
不自然な…は、切ないメロディーラインが記憶に残ってますが、歌詞は気にしてなかったな。松本先生、やっぱりスゴイ~。甘酸っぱい時代をその場で見ていたかのような歌詞…。
CCB、最近悲しい話題もあったし、想い出してる人も多いと思います。

是非また日記シリーズも☆お願いします~(^_-)-☆

切ない(>ω<、)

27年前のまさに今日だΣ(・艸・*)
大人になって読むと、甘酸っぱい青春いいなーって思うけど、当時は本気で苦しかったんだろうね。

私も少し前に、20年以上振りに日記の封印を解いたんだけど
「あんなことされて」とか「こんなこと言われたら」とかばっかりで、あんなこんなじゃわからん!ドラえもんか!!!って突っ込みたくなったわ(´△`)
万が一誰かに読まれてもわからないように書いてたのかな…

若かりし日のタコママちゃんとNくんは、どうしてお別れしちゃったの?
二人とも、まだ好きみたいなのに。
それから、C-C-B以外には誰が出てたんだろう( *´艸`)

>くりあんさん

日記残ってるなら絶対読んでみて〜〜!!
もう昔過ぎて自分のことじゃないみたいだから、こんなふうに曲でも添えれば素敵な思い出に昇華できるよ!
ほんとこの曲はせつないメロディーが記憶に残りますね。私も歌詞は全然憶えてなかったから、今回聴きなおしてみてさすが松本隆先生だな〜と思いました。

>kumiさん

そうなのよ〜甘酸っぱく見えるけど、そんないい記憶ではないのよね。
せっかく出てきた日記、内容がよくわからなかったの?w 記録するっていうよりも気持ちの整理のために書いてたのかもね。

何で別れたかは自分でも謎だったんだけど、日記を読み返してわかったの。
3年でクラスが別れてから、わざわざ話に行ったり廊下で話したりすると目立つ気がして学校で話さなくなっちゃって、デートでは会うたびになんかしたげなw様子がすっごい嫌でツンツンしてたから、振られちゃったの。
向こうは向こうで避けられてると思ってて、私はただの自意識過剰なだけなのに、もう好きじゃないって思いこんでて。
人との関係が上手く行かないときって、たいていこんな感じかなって思ったよ。


>kumiさん

CCBのほかはまったく記憶にないんだけど、インディーズとかアマチュアバンドだったと思うわ。チケットも貼ってあるんだけど、座席しか書いてなくてイベント名もなくて。検索しても出てこなかった。
CCBももうピーク過ぎて解散直前の頃だったしね〜

10代の男女交際って大体そんな感じで終わるよね〜(´;ω;`)
男子と女子の恋愛に対するベクトルって全然違うもん。
男の子同士の会話で「アイツがこんなこと言ってたらしい」っての聞いちゃって、嫌になっちゃったりね…
でもそういうのを経て、大人になった時にちゃんと恋愛できるようになるのかな。

日記はだいたいわかるんだけど、ときどき肝心なところでわかんなくなる( ̄∀ ̄;)
いいところで黒く塗りつぶされてるのもあったわ(苦笑)

>kumiさん

黒く塗りつぶすなんてリスク管理ちゃんとしてるわね (ノ∀`)
私はびっしり書いてるのにいつも枕元に置いてたから母親に読まれてたと思うわ…
ほんと十代のときは誰かが言ってたとかの話で心変わりすることがあったね。
大切なレッスンだったんだね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

タコママ

Author:タコママ
架空のお店『スナック夕子』の
ママ夕子です。
タコじゃないよ。
でもタコママって呼んでね。
お店の看板画像は
花小金井正幸さんに描いていただきました♪

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

リンク

twitter

アクセス

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。