FC2ブログ

昭和歌謡スナック~夕子

昭和時代の音楽を懐かしく楽しむブログです

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途さ足らずのいい加減な想い込み♪~「ため息のマイナー・コード」The東南西北

こんばんは~
スナック夕子のママ、夕子です

今夜も遊びに来てくれてありがとう


Kawade Web Magazineの山崎まどかさんの連載
「オリーブ少女ライフ~東京プリンセス80's」を毎回楽しく読んでる。

私は山崎さんと同じ70年生まれだから
同じときに同じ年で雑誌「Olive」を読んでた。
大阪の下町の公立中高校生だったけど。

山崎さんは、帰国子女で私立一貫校で私服の
当時憧れたオリーブ少女そのもので
出てくる地名もさすが東京で、すごいなって思ったり
ファッションブランド名がなつかしかったり
地方ではすべてが1~2年遅れてたんだなって気づいたりして
おもしろい。

№5の年上の女性と買い物に行く話は
オリーブに連載されてた山田詠美の「放課後のキーノート」みたいだった。

そして今回の№7の話は何回も読んだ。

私の16才の出来事と似ていると思った。
この話→過去記事2012.7.2

好きな男の子に振られた私は、オリーブ少女ライフに出てきたとうこちゃん側で
私がM子からもらった手紙は、山崎さんの言ってることに通じる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(過去記事より)
夕子へ M子より
わたしは次言ってくれた人だれでもいーから付き合うんだい!と決めてたから
どうしたら一番良いか、とっても考えた。
夕子チャンにはR恵がいていいな。あたしは一人で解決しました。

あたしはSくんのこと好きでもきらいでもない。どっちかって言えば好きだと思う。
でもTくんのこといちおう2か月間好きだったし
TくんはD子が好きらしいって知っても、まだいいなと思っています。
だからこんないーかげんな気持ちで
しかも次の人だれでもとかヤケクソな気持ちでOKしたって
最てい最あくだと思う。

ことわったらほかの男子にも嫌われるって思ったけど、もうきらわれたっていい。
強く生きなきゃだめ。
ただ同じクラスだから・・・もうしんどいな。

あたしが「悩んだ」っていうのはOKしようかしまいかってことじゃありません。
「次の人だーれでも」が、私の信念の「清く正しく」をやぶってしまったこと。
だから別に夕子に気がねしてるわけじゃないから気にしんとってね。

あー16才の小さな脳ミソでは考えられないです。
だれも悪くないのにみんなかわいそう。
久しぶりにポエム→私の心もつゆどきです・・・

あたしもTくんとD子やったら、あたしとTくんのんが似合ってるわっ!!
となってるので、夕子もそう思っといてくださいな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕子にはR恵がいたけど、私はひとりで考えた
ことわったら男子に嫌われる、などなど。

悩んだのはOKするかしないかじゃなく
自分の信念に関してであって、周りの恋愛劇に巻き込まれてないところ。

私に言い訳するわけでも、慰めるわけでもないM子。

「誰も悪くないのにみんなかわいそう」というところは
今になってみればそうだったなと思う。

当時はかわいそうなのは私で、M子とM子を選んだ男子が悪いと思ってた。
私は2人に裏切られたと思ってた。

誰も悪くないのにみんなかわいそうだったんだね。

こういうことが学校内の恋愛にはたくさんあったんだよね。
すっかり忘れてた。

というか、自分の側からしか見られなかったときのままの気持ちで
止まってた。

山崎さんの文章を読んで、16才のM子の手紙の意味がやっとわかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山崎さんの先輩とのデートのくだり
「高校生のカップルがそんなところ(バー)に行くなんて、逆にダサくて恥ずかしい。」
という感じがすごくわかる。

私も、自分がふさわしくない場所にいることはダサいことだと思ってたから。
大人ぶることは幼くみられるのと同じくらいダサくて恥ずかしかった。
恋愛ではとくに。

この感じはなんだろう。
高校生らしくありたいとか、今を大切にしたいとか
自分を大切にしたいとか、じゃなくて
それすらできないなんてダサい、みたいな感じ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうひとつ似たようなことが
高3のときにあった。

高2のときにできたBFと高3の夏に別れたんだけど
夏休みにハウンドドッグのコンサートに行った。

私は就職することにしていたので
高3の夏休みの使い方はみんなとは明らかに違った。

そして父親が入院していたりして
もうBFにもかまっている気分じゃなかった。

でもハウンドドッグのコンサートはすごく楽しかった。
自分だけ就職するさびしさとか恥ずかしさとか
父がいないせいで母が大変なこととか
なのに自分は自分のことしかしていないこととか
全部忘れられた時間だった。

そんな時間に隣にいるのが
女友達じゃなくて男の子だったことが
ものすごく心強くてありがたかった。
すごく楽しかったのに。

現実に戻れば
9月に入ってすぐあった就職試験で頭も心もいっぱいで
BFと気持ちがすれ違ってることが
当時の日記帳を読むとよくわかる。

でもそれは1週間分、1か月分を通して読むからわかるのであって
その日そのときでは、すれ違っているなんてわかるはずなかった。
あまりにグダグダしている日記で
原文ママで載せる気にはなれない。

そしてあろうことか、私も山崎さんと同じように
数か月経ってから「まだ好きだ」と言われたのだ!

山崎さんは10月の終わりと書いていて
私も日記帳を見たら、なんと10月26日だった(苦笑)
これは男の子のバイオリズムなんだろうか?
そして男の子ってこういうことするんだね、、、と思った。
男の子のほうが別れたあと引きずるってよく言うけど
経験を持って本当だと言わせてもらう。

このときやっぱり私も
「なんで今頃そんなこと言うの!ぜったい無理。私はもう好きじゃない。」
等々と怒ったあげく、母親に引きずり戻された。
元彼から呼び出されたのを心配して様子を見に来たのだ。

・・・ずっと好きでいてくれてそれを言いにうちまで来てくれたのにね。

それから学校で会っても、目を合わすことはなかった。
お互い初めてのBFGFで、1年も付き合ってたのに。
もっと大切にすればよかったと思う。

山崎さんの言うように、卒業したら自然に心が離れて行ったはずなんだから。
付き合っていれば、あのコンサートのときのような
ありがたく頼もしい気持ちにも、またなれたはずなのに。

でもそんなこと渦中にいたらわからない。
そのときにはわからない。

この先こういう気持ちになれたはず、なんて
この先を経験してないのにわからない。

でも、わからなくても
そのときそのときの気持ちがあったことは確かで
自分だけじゃないそれぞれの気持ちが
ぶつかったりすれ違ったりつながったりする。
それで喜んだり傷ついたりする。
傷つけたり喜ばせたりする。

ただそれを大事にしないといけないことを
知らなかった。

誰も悪くないのにみんなかわいそうだった。

ぜんぶ、今思えば・・・の話。




「ため息のマイナー・コード」 The 東南西北
作詩・作曲:久保田洋司 編曲:白井良明
1985年11月発売


真相、本性、みせかけ、ありきたり笑顔
一途さ足らずの、いい加減な、想い込み

胸がきしむよ 痛いよ
忘れたりしない
I and I love you so much




スナック夕子より
本日のおすすめフード <グリコアーモンドチョコレート>





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

意味もわからず・・・

「ため息のマイナー・コード」は当時好きでしたね。
今でも、好きな曲が収まっているUSBに入っているので、
たまに聴きますけど。。。
でも、当時はあまり歌詞の内容を理解出来ていなかったかな。
それと、歌い方や曲調が独特だった上、あのバンド名でしたから
てっきり中国か韓国の人だとばかり思っていました(苦笑
でも、その曲調と歌い方が良かったんですよね~。
だから、詩の内容がどうのとか
あまり考えてなかったんでしょうね。
つまり、意味もわからず洋楽を聴いていたのと
同じ感覚で聴いていたということですね(恥

>ぢえかすさん

そのUSB気になります笑
ほんと独特でしたよね・・ルックスも・・
でも洋楽と同じ感覚で聴いていたってすごくないですか?
私は当時はトンナンてすごく身近な感じで聴いてましたが
今になってやっと曲調と歌い方の良さがわかるようになりました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

タコママ

Author:タコママ
架空のお店『スナック夕子』の
ママ夕子です。
タコじゃないよ。
でもタコママって呼んでね。
お店の看板画像は
花小金井正幸さんに描いていただきました♪

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

リンク

twitter

アクセス

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。