FC2ブログ

昭和歌謡スナック~夕子

昭和時代の音楽を懐かしく楽しむブログです

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色づくとハートに似てますか♪~「愛って林檎ですか」岡本舞子

こんばんは~
スナック夕子のママ、夕子です

今夜も遊びに来てくれてありがとう



maikohan.jpg
「愛って林檎ですか」岡本舞子
作詞:阿久悠 作曲:山川恵津子 編曲:山川恵津子
1985年4月発売


子役から活動していた岡本舞子ちゃんの
若干14歳のシングル曲

阿久悠先生の重みのある歌詞と、山川恵津子さんの華やかな音で
その筋の人たちからも一目置かれている
舞子はん初期の曲です

今聴くとB面の「桜吹雪クライマックス」(youtube)のサウンドも
超カッコよくてびっくりする!!





何か私に重たいものを 抱かせてしまいましたね
姿の見えない不確かなものの 形をたどっているのです

甘いだけではなさそなキスを うっかり知ってしまって
答を出せない不可思議な問いに 眠れぬことさえあるのです

愛って林檎ですか? 食べられますか?
色づくとハートに似てますか?

愛って林檎ですか? 食べられますか?
酸っぱいことを云いますか?

時が過ぎたら重さも忘れ 躰の一部みたいに
輝きあふれて美しい色に 変って行くよと云われます

急に沈んで死にたいような 全てが青くそまって
手放す勇気があったならいいと 時々せつなく思います

愛って林檎ですか? 食べられますか?
色づくとハートに似てますか?

愛って林檎ですか? 食べられますか?
サクリと割れて泣きますか?



久しぶりに全歌詞いってしまいました

阿久悠先生で思い浮かべるのは、ピンクレディや石野真子ちゃんなんだけど
ピンクレディはやや企画モノということで置いといて

真子ちゃんの「狼なんて怖くない」とか
この舞子はんの「愛って林檎ですか」とか
本田理沙に書いた詞とか

ちょっと・・阿久悠先生・・
な歌詞が多い。


何か私に重たいものを 抱かせてしまいましたね

若干14歳が抱かされる重たいもの・・・
冒頭から意味深な、阿久悠先生


甘いだけではなさそなキスを うっかり知ってしまって

若干14歳が甘いだけではないキスを知ってしまってよいのですか、阿久悠先生


時が過ぎたら重さも忘れ 躰の一部みたいに

抱かされた重たいものが躰の一部になることを
初恋で知る人は少ないのでは・・・阿久悠先生


急に沈んで死にたいような 全てが青くそまって

“死”という言葉が舞子はんの他の曲にも使われています。
若干14歳に“死”という言葉は
もしかしたらいちばん合っているのかもしれないですね・・・阿久悠先生・・・



『愛って 何か重たい 甘いだけではなさそな
姿の見えない不確かなもの

うっかり知ってしまって 答を出せない不可思議な問いに  
眠れぬことさえあるのです

愛って 急に沈んで死にたいような 全てが青くそまって
サクリと割れて泣き 酸っぱいことを云い
時々せつなく思います

愛って 時が過ぎたら 色づくとハートに似て
輝きあふれて 美しい色に変って行くよと云われます』



歌詞を組み替えてみました。
残ったのがこの言葉たちです。

林檎 キス 食べられますか
形をたどって 重さも忘れ 躰の一部 手放す勇気


キスと食べることのつながりを知って
愛の形も重さも躰の一部になるくらいの
もしくは林檎の重みの程度に、軽く手放してしまうくらいの経験を
これからしていく。


愛って林檎ですか?

14歳だからこその疑問符

14歳だからこその未来



阿久悠先生、愛って林檎ですよね。

舞子ちゃん、愛って林檎でしたか?




スナック夕子より
本日のおすすめフード <グリコキティランド>





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

ママ、、

昼休みになんか見るんじゃなかった。
物悲しくユーツです、、

>ふ〝りさん

そうですか?w
この曲難しいんですよね。文章にするのに1年かかりました。
もっと阿久悠先生のエロおやじっぷりを前面に出しても良かったんですけどねw

休憩中~

14歳にしては大人っぽい歌詞っていう感じもするけど
14歳って今思えばびっくりするほど大人っぽい事考えてるんだよねー。

恋が叶うと、いつまでも一緒におしゃべりするだけじゃいられないことはもうわかってる。
知りたいけど、少しこわい。
日々の生活や環境と、精神とのギャップが一番大きいのが「14歳の女の子」っていう儚い生物だと思います。
周りの男子は子どもっぽくてあきれちゃうし。
学校でやらされることなんて、ダサいしめんどくさい!
ずっと恋だけして生きてられたらいいのに。
…なんてうっとり考えてたら「早くお風呂に入りなさい!」って怒られて、ウンザリしちゃう。。。

14歳と19歳って、女の子のターニングポイントって気がする。
脱皮の季節みたいな?
まだ幼い殻を被ってるけど、ホントの私はどんどん大人になっていて、一瞬で変わる事もできる。
その一瞬を、待ってる。
阿久悠先生は、その辺の危うさを書かせたらピカイチだよね☆(何様)

それにしても、顔写真見ると「この顔であの歌詞も、あの歌詞も書いたんだよね…」って思っちゃうわ(* ̄m ̄)
それでも素晴らしいけどねーもちろん!

>kumiさん

私は14歳のとき恋愛感情は小学生並みだったので
「こんなの14歳に歌わせて!だから舞子はんは早々に引退してしまったんじゃないのか!」て思ってたんだけど
世間の女子はそうでもなかったんだよね(アセ
書いてるうちに、14歳ってぎりぎりだな~と思えたわ。
14歳と19歳がターニングポイントてわかる。
リアル前夜みたいなね。

阿久悠先生の歌詞ってドラマチックで感情が激しいから
この曲みたいにイメージとハマると他のどんな作詞家さんより
際立ってくるよね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

タコママ

Author:タコママ
架空のお店『スナック夕子』の
ママ夕子です。
タコじゃないよ。
でもタコママって呼んでね。
お店の看板画像は
花小金井正幸さんに描いていただきました♪

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

リンク

twitter

アクセス

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。