FC2ブログ

昭和歌謡スナック~夕子

昭和時代の音楽を懐かしく楽しむブログです

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海へ行くつもりだった♪~「Happy Like a Honeybee -ピクニックには早すぎる-」フリッパーズ・ギター

こんばんは~
スナック夕子のママ、夕子です

今夜も遊びに来てくれてありがとう
今年もよろしくお願いします。


昨年末、雑誌『オリーブ』について書かれた本を2冊読んだ。

olive.jpg

『オリーブ少女ライフ』山崎まどか
『オリーブの罠』酒井順子

お二人ともオリーブに文章で関わっていた方なので、とても面白かった。
オリーブといえば80年代なら“フランス”“リセエンヌ”だったり
90年代なら“オザケン”“カフェ”だったりするのだろうけど
この2冊を読んで気づいたのが“ピクニック”というワードだった。

『オリーブの罠』で酒井さんは
~「おしゃれピクニック」および「おしゃれデート」を夢見た高校生時代の私は
「おしゃれ友達」と「おしゃれプラン」を語り合い、箱根への日帰り「おしゃれピクニック」を
本当に決行したのです。~
と書いている。
そして当時の読者へのインタビューでも
「オリーブ的なピクニック」のつもりで海岸でクロワッサンを食べてみたりした人がいらっしゃる。

山崎さんが2001年からオリーブで連載された『東京プリンセス』は
女子二人が葉山の一色海岸で「真夏の夜のジャズごっこ」をするところから始まる。
2001年だしおしゃれ女子二人なので“ピクニック”とは書かれていないけど
おめかししてバスケットにランチを持っていくところは「オリーブ的おしゃれピクニック」そのものだ。
その後男子とグループでピクニックするお話も出てくる。

オリーブには、おしゃれな洋服だけでなくおしゃれな雑貨もたくさん載っていて
カフェだけでなくテイクアウトのサンドイッチやおしゃれな食材もたくさん載っていた。
フランス映画に出てくるような海や高原でのピクニックは
高校生らしいチープシックさとも合って、よく紙面に出てきたのだと今では思う。

オリーブ1987年1/3号より(クリックで大きくなります)
olive2_20150109171859fc0.jpg

olive1_20150109171856fe5.jpg

あらためて読むとイタいが、こういう記事が頭に刷り込まれ
おしゃれピクニック妄想でいっぱいだった私も
いよいよ17歳の秋、憧れのピクニックを決行することとなった。
初めてのデートで海へ行ったのでした。
海以外の案はなかった。

大阪っ子だったので神戸の須磨海岸へ行った。
決して泉佐野のピチピチビーチではいけない。「おしゃれピクニック」なのだから。
土曜日の学校が終わって午後、1時間半かけて行った。
午後から初デートでそんな遠出することもなかったと今なら思うけど
オリーブ中毒だったから仕方なかった。
おしゃれバスケットにクロワッサンは持って行けなかったけど
お気に入りのグレーのサーキュラースカートを着て、海水浴じゃない海へ行く。
それだけで十分だった。
この日拾った貝殻をまだ持っている。

オリーブに出てくる素敵な場所はいつも東京かもしくはパリで
素敵な洋服はとても高価だったから
オリーブ少女ごっこをするには、ピクニックごっこがいちばん身近だったのかもしれない。
全国のオリーブ少女がいちばんできた“ごっこ”なのかもしれない。
きっと、私もやった~~っていう人がたくさんいるだろう。
友達やBFと。
全国各地のピクニックごっこは、憧れに近づいた喜びと、どこかずれたまぬけさで
きっと良い思い出だ。

山崎さんの『オリーブ少女ライフ』の最後に、書き下ろしで『東京プリンセス』の特別篇が載っていた。
読んで泣いてしまった。

酒井さんが
~“一粒のオリーブ”は、オリーブ少女というたくさんの身を、その後の世の中に送り出した~
と書いている。

そのオリーブ少女からも、確実にまたその後に続いている。
“Magazine for Romantic Girls Olive”
ロマンチックな精神は絶対になくならないのだから。




「Happy Like a Honeybee -ピクニックには早すぎる-」フリッパーズ・ギター
作詞:小沢健二 作曲:小山田圭吾
アルバム「three cheers for our side〜海へ行くつもりじゃなかった」より
1989年8月発売


スナック夕子より
本日のおすすめドリンク  <ワンカップ大関>
おすすめフード <森永ダース>





スポンサーサイト

 | ホーム | 

プロフィール

タコママ

Author:タコママ
架空のお店『スナック夕子』の
ママ夕子です。
タコじゃないよ。
でもタコママって呼んでね。
お店の看板画像は
花小金井正幸さんに描いていただきました♪

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

リンク

twitter

アクセス

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。